2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
営業時間 17時まで
定休日、祝日
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
営業時間 17時まで
定休日、祝日
ログイン
ログアウト
 



テジャクラ村の天日塩 1kg

商品コード : A19-19
価格 : 1,008円(税込)
数量
 

税抜下代3万円以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
商品について

潮風で自然乾燥させた、ミネラル豊富な旨み塩
インドネシア・バリ島にあるテジャクラ村から届く、フェアトレードの天日塩。
旨みのあるバリ島テジャクラ村の塩と塩辛みの強いクサンバ村の塩をブレンドし、
旨みと塩辛さのバランスのとれた粗塩です。
塩辛さのあとに、まろやかな旨味が広がり、素材の味を引き立てるので、
料理法や食材を選ばずに手軽に使っていただけます。

●製法にこだわり
海水を砂に撒き、天日や風の力で塩分濃度を上げていく伝統的な製法「揚浜式」で作っています。

・天秤棒を使って海水を人力で汲み上げ、砂を敷き詰めた塩田に撒く。
・海水を含んだ塩田を天日で乾かし塩を結晶化させたら、塩分を含んだ砂を集める。
・海水を濾過する結晶池に砂を入れ、新たに海水を注ぎ、結晶を溶かしながら濃度の高い海水(かん水)だけを抽出する。
・くりぬいたココナツの木の皿に、かん水を注ぎ入れ、天日と風で自然乾燥させる。

●塩田を守る、テジャクラ村の天日塩
インドネシア・バリ島にあるテジャクラ村の沿岸は、深海から海水がわき上がる地域です。
「テジャクラ村の天日塩」は、その深海から沸き上がるきれいな海水を使い、
昔ながらの揚浜式塩田で代々受け継がれていた製法を守って作られています。
観光地化が進むバリ島では、沿岸付近の土地が高騰、また塩産業の担い手不足から、
次々に塩田が手放され、塩づくりが衰退しつつあります。テジャクラ村では、
美しい塩田風景を守り、受け継がれた伝統を守るために、手放された塩田の再生に取り組みながら、
村の風土に根差した完全天日製法で塩づくりを行っています。
内容量
1,000g
原産国
インドネシア
原材料
海水
備考
※直射日光 ・高温多湿を避けてください。

ページトップへ